iPhone修理横浜でするときの事前準備

ある日突然iPhoneが壊れてしまったら、修理に出す前に事前準備をしておきましょう。準備をしておけば修理をしたあとのトラブルを減らすことができ、安心してiPhoneを使い続けることが出来ます。壊れたからといって焦らず、準備をしてから修理するお店に向かいましょう。iPhoneを修理に出す前には、バックアップをしておきます。

バックアップは大切なデータを保存することができ、大切な情報が紛失しても取り戻すことが可能です。バックアップをするためには、iCloudやiTunesを利用します。iCloudを使う場合はWi-Fiがある環境でバックアップを取ると、スムーズです。膨大なデータを扱うので、通信環境が安定している場所を選びましょう。

iPhoneの設定画面からユーザー名をクリックし、iCloudを選択します。今すぐバックアップを選ぶだけで、完了です。iTunesではパソコンを利用して、データを管理します、USBケーブルなどでパソコンとiPhoneを繋げて、スマホのマークが表示されたらそれを押します。概要のページに変わるので、今すぐバックアップを選ぶ手順です。

iPhoneを探すという項目も、無効にします。iPhoneに標準装備として入っているアプリの中には、スマホを探す機能があります。これが有効になっているとスマホのロックがかかってしまい、修理しづらくなるのです。お店のスタッフがすぐに修正に取り掛かれるように、事前に無効にしておきましょう。

iPhone修理を依頼するときには、正規店か検索で「iPhone修理横浜」などで出てきた非正規店どちらかを選ぶことになります。正規店はAppleCareの1年保証を利用することができ、郵送でも依頼出来るのがメリットです。「iPhone修理横浜」などのキーワードを使わなくてもAppleの公式サイトから修理店を探せるのも、便利な部分です。非正規店は保証を使うことは出来ませんが、正規店よりも安く修理して貰えるのが魅力です。

バックアップをしていなくても修理を請け負ってくれたり、消費者目線でのサービスを展開しています。お店を探すときには「iPhone修理横浜」などのキーワードを使って、インターネットで検索するとスピーディーです。気になるお店を見つけたら見積もりなどを依頼して、本当に任せられるのか見極めましょう。利用したことのある人の口コミなどもチェックして、問題なければ依頼します。

また分からないことがあれば事前に質問して、疑問点を残さないことも重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です