水没したiPhone修理を横浜でする

現代時に大きな影響を与えることになった発明品に、インターネットとスマートフォンがあります。30年前には想像ができなかった大きな変化と言えます。周りを見てみますとスマートフォンを肌身に離さずに持っている人が多くいるのです。中にはお風呂に入る時にも持って行く人がいます。

そのようにいつも持っているとふとした拍子に落としたり、水没させてしまう場合もあるのです。ポケットに入れていて、トイレに落とした人もいます。機種によっては生活防水に対応している場合もありますが、精密機械なので中に水が入ったら故障の原因になります。では、iPhoneを水没させてしまったらどうすればいいのでしょうか。

避けるべき行動は、すぐに電源を入れることです。とっさのことですが、使えるかどうか確認するために電源を入れたい気持ちはわかります。しかし、電源を入れてショートさせてしまうと完全に壊れてしまうのです。それで、絶対に電源を入れてはいけません。

外側をタオルで拭いた後に自然乾燥をさせます。十分に乾いてから電源を入れてみますが、仮に電源が入ったからと言っても安心してはいけません。本体の内部に水が残っている場合はさびの原因になるからです。iPhone修理の専門店に持って行く必要があります。

もし電源が入ったなら、スマートフォンの中のデータをバックアップしておくことが大切です。横浜のiPhone修理専門店ではデータを消さずに修理してくれるところもありますが、そうでない所もあるからです。事前にネットで横浜近辺でどこがデータを消さずに修理してくれるか、電話で確認をしましょう。バックアップを取っているならどちらにしても安心なので、事前にデータをコピーしておきます。

修理しなくてもしばらくは使える場合もありますが、時の経過とともに故障がひどくなることがあります。それで、なるべく早く横浜のiPhone修理店に持ち込むことがいいです。修理に時間がかかるので、事前に予約しておくほうがいいです。また、遅い時間に行くとその日のうちに受け取ることが難しくなります。

それで、余裕を持って修理店に行く方がいいです。まとめてみますと、水没したスマートフォンの対処法は電源をすぐに入れないことです。完全に乾かしてからデータをバックアップして、すぐに修理店に持ち込んで直してもらいます。時間とお金はかかりますが、新しい機種を購入するよりは安く直すことが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です