横浜でiPhone修理をする場合のパターン

横浜に住んでいる人が、iPhone修理をしようとした場合、自分で修理をすることができるならばお店に持ち込む必要はありません。しかし、自力でiPhone修理をすることができないならば、下手に中を開けてしまうと元に戻らない可能性があります。修理をする前よりもひどい状態になってしまうケースもあるため、この場合には素直に横浜のiPhone修理の会社に依頼することが必要です。横浜のiPhone修理のお店に行く場合には、直接店舗に行く前に在庫があるか確認をしておいた方が良いでしょう。

例えば、iPhoneの中でも比較的古い機種の場合には、交換パーツがない可能性もあります。完全に在庫が市場からなくなる事はありませんが、たまたまお店に在庫がないこともあります。それを知らずにお店に行ってしまうと、結局修理をすることもできず無駄な時間がかかってしまうだけになります。取り寄せをする場合も、大抵の場合は1週間前後でお店に商品が入ってくるため、1週間後位に再び予約をすれば修理ができるはずです。

最近は、店舗に行かなくても修理ができるパターンも増えています。店舗に行くメリットがあるとすれば、直接お店の中に入って中の様子を知ることができることや、わからないことをスタッフに直接ということができる点です。ですが、会社員や自営業者などのように普段から忙しくなかなかお店に行くことができない人もいるでしょう。お昼休みに行くといっても、時間内に修理が終わらなければ職場に戻ることができません。

この場合には、横浜のiPhone修理のお店の中で、郵送修理を行っている所に依頼するのが良いかもしれません。郵送修理とは、郵便物扱いでiPhoneをお店に発送することです。事前に、どのような部分に問題があるか伝えなければいけませんが、お店側が了承してくれた場合に郵送することが可能です。郵送の料金に関しては、自分が持つことになるケースも多いですが、良心的なお店は無料で発送することができます。

このときは、iPhoneに傷がつかないようにウレタンで包むかあるいはプチプチ等を用いて包む必要があります。詳しくはお店の方で指定されるため、事前に素材だけは用意しておいても良いでしょう。お店の中には、スタッフが自宅や会社まで訪れてくれるケースもあります。この場合には、わざわざ店舗に赴く必要がないため大幅に時間の節約が可能です。

もちろん事前に修理をしたいことを伝えて、修理箇所まで伝えることが必要でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です