バッテリーで悩んだ時は横浜のiPhone修理店へ

ベッドに入る前に、きちんと充電ケーブルをiPhoneに挿し込み夜の間にフル充電している、それにもかかわらず短時間で電池残量を使いきってしまう、こういったトラブルがあります。iPhoneの内臓電池が寿命を迎えていると、毎晩しっかりとフル充電しても、翌日のお昼ごろには電池残量がギリギリになりやすいので要注意です。電池の寿命は、3年前後だと考えられています。毎日動画やSNSやゲームアプリを長時間楽しんでいるヘビーユーザーの場合、それよりも前に内臓バッテリーが寿命を全うしやすいです。残念ながら、一度も経年劣化した内臓バッテリーを新品同然に戻す方法はありません。画面的にはフル充電が完了したように見えても、肝心の内臓バッテリーが摩耗していては安心して外出先に携帯する事が困難です。一応モバイルバッテリーを購入し、常に携帯しておくという対処方法はあります。

 

しかし根本的な解決にはなっておらず、高性能なモバイルバッテリーは高価だったり、毎晩2台の機器を充電する必要が出てきたり、不便さは残ります。バッテリーの消耗が激しいと感じた時は横浜のiPhone修理専門店に相談し、バッテリー交換を依頼してみましょう。リーズナブルなコストで、バッテリー交換を代行してもらえます。横浜のiPhone修理専門店は、新世代のスマートフォンから旧世代のスマートフォンまで色々な機種のパーツ交換を行ってくれるので安心です。特に一昔前のiPhoneは、パーツ交換に掛かる費用が非常に安価となっています。バッテリー交換に掛かる所要時間は、最短で数分、最長でも数十分程度です。

 

学業やお仕事で忙しい現役世代の方々でも、スピード対応の横浜のiPhone修理専門店なら気兼ねなく利用できます。前もって予約を入れておけば、自分の都合に合う曜日や時間帯に、専門店へ出かけられます。事前にネット見積もりをしておけば、バッテリー交換に掛かる費用も把握可能です。基本的にバッテリー交換で、本体データが消える事はなく、保存されていた写真や動画、その他ゲームやビジネス関連の情報はそのままです。万が一の場合に備えて、パソコンやクラウドストレージにバックアップを作成しておけばベストです。特にiPhoneはパソコンへのバックアップ作業が行いやすく、無料で使えるクラウドストレージも充実しています。重要度の高いデータだけでもパソコンやクラウドにバックアップを作成しておけば安心して専門店に足を運べます。横浜でiPhone修理
ならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です