マットレスと寝返りの関係

人は眠っているとき、何度も寝返りをうちます。子どもなどは布団の中でぐるりと1週してしまうほど、よく動いています。無意識のうちになぜ動き回っているのかといえば、同じ体勢でいると血の巡りが悪くなったり、筋肉が緊張してダメージを与えたりするため、それを避けるために体が自然に動くわけです。そのため寝返りをうつというのはとても重要なことなのです。

ところで、マットレスによってこの寝返りがうちやすいタイプとうちにくいタイプがあるのをご存知でしょうか。高反発あるいは低反発を特徴とするマットレスを見かけたことがあると思いますが、高反発マットレスは反発力が高いために、少しの力でも寝返りをうつことができるのが特徴です。寝返りがしやすいということは、寝返りの度に起きてしまうこともなく、深い眠りを維持したまま眠り続けることができるため、熟睡が可能です。それに対して低反発マットレスというのは、反発力が弱いため寝返りをうつときには筋力が必要となります。

しかし、身体を優しく包み込むので寝返りを頻繁にうたなくても、身体に大きな負担がかからないという特徴があります。低反発は筋力が衰えてしまった高齢者や、障害を持っている方におすすめで、床ずれにもなりにくいです。このような高反発あるいは低反発マットレスの特徴を理解すると、選ぶときに参考となるでしょう。それに合わせて材質や耐久性、通気性などもよく確認するようにすると、ベストなものがわかってくるはずです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *