腰痛予防マットレスの体圧分散効果

デスクワークを行っている人の中に腰痛持ちの人が多いと言われます。同じ姿勢のまま長い時間椅子に座っていると、腰の筋肉が緊張した状態が続き血行が阻害されてしまったり、骨盤や背骨がゆがんでしまったりするのが原因です。そのため時々立ち上がって体操し、緊張している筋肉をほぐすようにする必要があります。また、ウォーキングなどの運動を行うことで腰の筋肉を鍛えることによっても、腰痛を防止することができます。

長時間のデスクワークが腰痛の原因となるように、眠っているときも長時間同じ姿勢のままとなるために、腰痛の原因となってしまう場合があります。特に、品質のあまりよくないマットレスを使っているときや、寿命がきて歪んでしまったマットレスを使っている場合は要注意です。朝起きて腰が痛かったり重く感じたりするようなときは、マットレスが原因である可能性が高いです。そのまま使い続けると、さらに悪化させるリスクが高くなるのでできるだけ早く買い替えることをおすすめします。

買い替えに際しては、腰痛予防に効果があるマットレスを購入すると良いでしょう。長時間同じ体勢で寝ていても、腰に負担がかからないような構造になっているので、快適な目覚めを迎えることができます。眠っている間に腰に負担がかからないようにするためには、体圧が腰に集中しないように身体全体に分散させることが重要になります。腰痛予防マットレスは、この体圧分散効果が一般のものに比べて高いのが特徴です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *