事業場外みなし労働時間制と残業代請求

事業場外みなし労働時間制というのは、仕事をオフィスの外で行う場合に、実際に働いた時間とは関係なく予め決められた時間だけ働いたものとみなされるという制度です。

事業場外みなし労働時間制のもとでは基本的に残業代を請求することはできなくなります。例えばみなし時間が8時間とされていれば、実際に働いた時間が10時間であっても12時間であっても8時間だけ働いたものとみなされてしまいますから、余分に働いた2時間や4時間分の残業代が請求できるわけではありません。

ここで、みなし時間とかみなすという言葉の意味は、実際の時間がどうあれ、そのように取り扱われるという意味です。これは、働いた時間が10時間や12時間であったことの証拠を提示することができても覆ることはなく、残業代を請求することもできません。

ですが、現に8時間を超えて働いているにも関わらずこの取り扱いでは労働者にとって明らかに不利になってしまいます。そのため、事業場外みなし労働時間制が適用されるためにはいくつかの条件が必要とされています。もしこのような明らかに不利な状況があるのであれば条件を確認してみましょう。

例えば、事業場外みなし労働時間制が適用されるためには、単にオフィスの外で仕事を行っているというだけでは十分ではなく、労働時間を上司が把握するのが困難ということが条件になっています。かつての時代ならいざ知らず、今ではモバイル機器も発達していますから上司が把握することも十分にできるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です