事業場外みなし労働時間制と残業代の請求

事業場外みなし労働時間制で働いているから、実際の労働時間から見ると明らかに残業をしているのに残業代を請求することができないと嘆いている人がいるかもしれません。

このような場合、一つの考え方としては自分なりに業務を効率的に行い、みなし時間と同じかできることならより短い時間で仕事を終わらせるようにすることが挙げられます。事業場外みなし労働時間制は実際に働いた時間に関わらずみなし時間だけ働いたことにされてしまう制度なのですから、工夫して短い時間で終わらせることができればそれに越したことはありません。

もちろん残業はなくなるわけですから残業代の請求とは無縁の話になりますが、納得感は得られるはずです。しかしこれは言うは易くでしょう。現実的に多くの仕事が与えられており、効率化や工夫の余地などほとんどないという場合のほうが多いかもしれません。

そういう場合は、仕事の一部を事業場内で行うようにすることも考えられます。事業場外みなし労働時間制はあくまでも事業場外で行った仕事にだけ当てはまるもので、事業場内で行った残業に関しては堂々と残業代を請求できます。

あるいは、上司に逐一報告や連絡を入れるようにし、上司が労働時間をしっかり把握管理できるようにするという方策もあります。外勤であるために上司が労働時間を把握管理できないということが条件の一つになっているためで、外勤中であっても上司がしっかりと把握管理できるようにすれば適用対象外となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です