固定残業代制での残業代請求

固定残業代制では残業代請求は全くできないと思っている人もいるかもしれませんが、これは必ずしも正しくありません。

固定という言葉から、どれだけ残業をしても給料は全く変わらないように見えるかもしれないのですが、実はそうではないのです。固定残業代制では、何時間分の残業代が給料に含まれるのかが予め明示されているはずです。その規定時間を超えて残業をした場合には超えた分の残業代はしっかりと請求できます。

固定という言葉に惑わされないようにしましょう。会社によっては何時間分の残業手当なのかが明確にされていないこともあるかもしれませんが、これは固定残業代制そのものが不適当であり、場合によっては1時間でも残業をすればその分の残業手当を別途請求できる可能性さえあります。

何時間分の手当てとして金額的にいくらが給料に含まれているのかを明示しておかなければなりません。また、残業代以外の形で手当てをもらっている人もいるかもしれません。名称は様々でしょうが、営業手当、外勤手当、職務手当などという形で、基準内賃金とは別に支払ってもらっている人もいるはずです。

このような場合、ただ別途手当てをもらっているというだけの理由で、その分を残業手当とみなすことはできないとされています。名称として残業手当とか時間外手当というものである必要はありませんが、別の手当ての形で残業代を支払いたいのであればその旨も明らかにしておかなければなりません。

固定残業代制の残業代請求についてはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です